6月定例会議事録

定例会   2018年6月16日

 

  1. 自己紹介 

みんなハッピーにがんばろうね!

 

  1. キャンプ、役員進捗

 

<フィリピン>

・8月15日〜9月12日 渡航日程決定

・現地コーディネーターに契約書

・ガクボに応募

・メンバー確定:11人(2人のみ途中参加)

・国内キャンプ、FOCUS日以外はMTG行う

・資金はガクボ+クラファン(20万)

・後援会からも資金サポートしていただけるかもしれません!

 

<ネパール>

  ・ミーティングは報告会後やっていません。

  ・後援会の下見の資金援助を本キャンプにまわしていただけないでしょうか?

  ・新歓は9月以降に行う。

  ・ICUの助成金を申請予定

  ・本キャンは来年の3月〜の予定

  ・来年のキャンプの目標は土台の完成と+壁ができたら

  →それによって予算も決定

  ・土台完成まではあと2万円

  ・現段階でのメンバーは5〜6人

  →ひろなを中心にMTG、定例会への参加が必須、FIWCの一部としての意識づけ

  ・キャンプごとの合宿するといいかも!

 

<韓国>

  ・帝京平成大学の学生のうち2名参加表明

  ・ハナ会と一緒にやる

  ・6月17日第一回MTG

 

<中国>

  ・キャンプ参加者3〜4人

  ・6月24日(日)) 全生園にでのワークの後、第一回MTGをする予定

 

<渉外>

一括株式会社の協賛

・みんなでやってく体制作り

・協賛案件を就活だけでなく、バイト紹介などの案件もできたらいいな

 

<会計>

 ・全ての精算完了

 ・貯金残高41万程度

 ・各国日本円→現地円へのレート換算クイズ

 

<FOCUS>

5月:ゆうたさんにインドネシアキャンプの話を聞いた

6月:Idea Creation

7月:まゆみpresentsフィリピンと日本

私もフィリピンのこと何も知らずに行っていたが、あるフィリピン人と出会って「昔日本と色々あった」という話を聞いた。「もうフィリピン人は気にしてないよー」と日本とフィリピンの戦争のことを話してくれたが、そういう歴史も知った上で行くのと知らずに行くのとは見る目が違うと思う。メディアや教科書には載ってないこともフィリピンの視点からだとたくさん資料があったので、それを元に来月のFocusは行います!

 

<国内キャンプ>

6月30日〜7月1日(土、日) @鳩ノ巣バンガロー

料金3500円〜

買い出し組募集中!

18時以降は入場できない

2日目10:00完全退出

22名参加予定

 

<グローバルフェスタ>

9月29日〜30日(土、日)

@お台場センタープロムナード

*キャンプ参加者は2日間のうちどちらか1日はでてね!

*去年の赤字の反省:1万円くらい

・シフト

・ワークショップ

・テント内の工夫

・団体の活動も伝える

 

*去年は1人1000円分のものを現地で買ってきた

・飲食?

そもそもグロフェスに何故出るのか?

売上目的? 広報目的?

 

広報中心

 

団体として

 

・まず興味をもってもらう

テントは中央に正方形の机を配置して広報メインのテント作り→回転も速く、入りやすい

・休憩場所のようなブース作りにするか?ミストなど

・表裏で学生向け、オトナ向けと、対象に応じて分ける

・どんなビラにするか?

・お客さんはたくさんビラをもらうから、ほかの団体と差別化できるようなビラ作り。

目を惹くもの。

・ビラを工夫するだけでなく、メンバーの人間性を出す。メンバーに興味を持ってもらう

・うちわに広報をのせる

・バックグラウンドを説明できる商品を出品(チャリティ路線)。→1カ国1商品にするか?→リスキー

・村人の手作り(チャリティ路線)

・入口を増やす(興味を持ってもらう)

・キャンプごとにグロフェスで買うものを予め話し合う。

・何を売るかより、どうやって売るかを考える

・何を売るか、どうやって売るか、どちらも大事。

・去年の売れ残りなど、まず確認。

・ヒマラヤの石

・各キャンプごと募金箱の設置? その場で支援できる状況を作る 目標金額を掲示(FIにとってお金を集めることはそんなに重要ではない?)募金箱の設置禁止はされていない。

・赤字は気にしなくていい(会計)

・呼び込みの徹底

 

個人として

 

自分の経験したキャンプの魅力などを説明できる場に。プレゼン 動機付け

積極的に営業

 

*テント

 

・1張

飲食ブースが近い

メンバーがお客さんとコミュニケーションを取れる場が必要

 

・2分の一張

学生団体が多い

準備期間がない中で1張は危険

人口密度が高いから盛り上がる

 

写真の貼り方の工夫

写真は、子供達の笑顔写真ではなく、ワーク内容に。

笑顔写真はありきたり

外は、パソコンが見づらい スケッチブックでパネル形式

 

テントは1張 決定

 

*ワークショップ

準備が必要

フィリピンキャンプは忙しい時期

 

やらない

*活動報告 30分

メンバーの成長に繋がる

1対多数より、ブースでの1対1でのコミュニケーションの方がよく知ってもらえるし、質問も受けやすい

 

やらない

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close