韓国キャンプ全生園訪問

7月15日(日)

韓国キャンプメンバーで国内多摩全生園を訪問しました!今年初めてキャンプに参加する7人の学生新メンバーが全員参加することができ、非常に意義のある一日になりました!

14時に全生園に集合し、まずはハンセン病歴史資料館を見学しました。資料館は、ハンセン病そのものや、それに対する社会政策、患者の方々の暮らしぶり、彼らの気持ち、など多くの展示があり、非常に考えさせられる内容となっていました。

初めて訪れた新メンバーにとっては、少し重い内容であったかもしれませんが、これから韓国の定着村に訪れるにあたり、ハンセン病について知ることができる良い機会になったと思います。

15時半頃に資料館見学を終えた後は、インドでハンセン病支援ワークキャンプを行なっている団体、”namaste!”との交流会を行いました!!

ナマステのメンバーは、朝から全生園でワークビジットを行なっており、入居者の方々の訪問などを行ったということで、fiwc韓国キャンプとnamaste!でフィードバックを行いました。

韓国キャンプのメンバーは、新メンバーが多く、まだハンセン病に対する知識やワークキャンプについての知識なども少ないため、インドで活動しているnamaste!と交流することによって、色々と刺激を受けたようです!!

namaste!との交流は、これで終わりにせず、キャンプから帰国した後も、続けていきたいと思っています!姉妹団体同士、仲良くしていきましょう!!

非常に暑い一日でしたが、みなさんお疲れ様でした!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close